神奈川県藤沢市南藤沢の歯科| 土日診療の歯科熱田医院
HOME>診療料金

| 診療料金 |

医療費控除について
医療費控除の例

ある患者さんの歯科治療に年間50万円かかった場合は、医療費控除額は、計算より
50万円-10万円=40万円となります。
年間の課税される所得金額が600万円の場合、40万円×30%=12万円分の税金が免除されます。
つまり、実質治療に要する費用は・・・
50万円(治療費)-12万円(免除分)=38万円(実質的治療費)
で済むことになります。

家族の範囲はどこまで?

本人、配偶者、子ども、孫、両親、祖父母、兄弟姉妹などです。ただし、生計を共にしていた家族に限ります。扶養家族ではない共働きのの夫婦も医療費を合計して申告できます。学生である子どもや田舎の両親に仕送りしている場合も、生計を共にしているので医療費を合計できます。

1年間に10万円とは?

保険の入院給付金等を受けた場合は、それらを差し引いた後の金額で判断します。

医療費控除の対象

病気の治療のためにお医者さんでかかった費用、薬局などで薬を購入した費用が対象となります。通院・入院のために親が付きそった場合の交通費も対象です。

例:年間収入 450万円の方の場合

年間医療費と収入による減税(還付)金額
20万-15,000円
40万-45,000円
60万-75,000円
80万-105,000円
100万-135,000円

問い合わせ