神奈川県藤沢市南藤沢の歯科| 土日診療の歯科熱田医院
HOME>一般歯科・小児歯科

| 一般歯科・小児歯科 |

小児歯科
小児歯科のイメージ

小児歯科とは、お子さまの歯の抜け変わりや噛み合わせなどの成長に合わせて計画をたてた治療を行っていきます。
小児の場合は、乳歯から永久歯に生え換わりますので、通常の大人の一般歯科とは違い計画が大切になります。永久歯と違い、乳歯は抜け変わるので放置してしまう場合がありますが、その後に生えてくる永久歯や噛み合わせに大きく影響してくる場合もございます。
そのうち抜ける歯だからと油断せずに、小さい頃から歯医者に通う習慣をつけることで、成人するまで虫歯が0本の患者様もいらっしゃいます。歯は1度失うと2度と再生出来ないので、小児の頃から大切に守り、虫歯を予防することが大切です。

小児歯科治療の進め方

当院では小児歯科の目的は「健全な永久歯列を育成すること」にあると考えます。
虫歯で、穴が空いた歯に、銀歯などの詰め物を入れるその場の治療だけでは、子ども達に対する治療ではないと考えております。
その為、当院では出来る限り、次のような手順で治療を進めていきます。

1 準備期間

治療の前に、お口の環境を虫歯のできにくい状態に改善する期間。
この時期に、お子様と十分にコミニュケーションをとり、歯医者が怖いというイメージを軽減しお互いの信頼関係を築くようにします。

2 治療期間

むし歯の治療をし、本来の機能を回復する期間。
審美的な回復も行えます。

3 予防期間

むし歯ができないようにお口の健康を維持する期間。
歯のクリーニングやフッ化物で歯のコーティングを行い、美しく、健康的な歯を育てます。

親からの感染
親からの感染のイメージ

虫歯菌は子供の歯が生え始めた頃(1~2歳前後)、母親などから子へ感染すると考えられています。
3歳ぐらいまでは感染の機会をなるべく少なくする事が重要です。お母さんの口の中に虫歯菌が多いと、それだけ子供にうつる率が高くなります。母子ともに虫歯治療、虫歯予防が重要となります。

問い合わせ